損害賠償金支払いの流れ

損害賠償金支払いの流れ

損害賠償金が支払われるまでには、複数のステップを経ることになります。交通事故が発生し、すぐに損害賠償金が支払われるようなことにはなりません。時間がかかるものだということを、頭に入れておく必要があります。

まずは損害賠償金は損害が発生しなければいけません。交通事故が起こってはじめて、加害者と被害者が存在することになります。
交通事故が起こった場合には、警察と自動車保険の会社に届出をする形になります。このあと、保険会社は事故の原因調査などをし、自分が契約している保険会社の担当者が、自分の代わりに相手方の保険会社担当者との示談交渉をしてくれます。
その結果、損害賠償金が提示されて示談成立となりますが、金額に納得がいかない人は、訴訟を起こすことを視野に入れて弁護士の力を借りるという選択肢が発生します。
訴訟をしない場合には保険金請求書を提出し、加害者側が加入している保険会社によって損害賠償金が支払われます。

金額に納得がいかない場合には、休業損害、慰謝料を弁護士基準で獲得することを目指し、訴訟を起こします。弁護士に依頼することには費用がかかり、決着がつくまで期間を要しますが、弁護士費用を含めても訴訟を起こさない場合より多くの損害賠償金を獲得できる可能性があります。
 

損害賠償金支払いまでのまとめ

①事故発生
②警察・自動車保険会社への届出
③原因調査・示談交渉
④示談成立
⑤訴訟(示談が成立しなかった場合)

交通事故の損害賠償とは

交通事故の損害賠償とは

交通事故の発生交通事故で被害を受けた側になると、加害者に対して損害賠償請求をすることが可能です。請求可能な損害内容には、入院費用、通院費用、ケガの治療費などの積極損害、仕事を休んだ分の損害の消極損害、心身の苦痛に対する損害の慰謝料、壊れたものに対する損害の物損があります。この4種類の損害のうち、物損事故では慰謝料の請求を行なうことはできません。

損害賠償の金額の基準には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3種類があります。自賠責保険は自賠責保険の範囲内の金額で、任意保険基準は任意保険の範囲内の金額で、弁護士基準は判例をもとにした金額で請求を行ないますが、最低額は自賠責基準、最高額は弁護士基準です。このうち弁護士基準に関しては裁判所の判例がもとになっているということで、弁護士をはじめとする法律のプロフェッショナルでないと請求を行なうことが困難になってしまいます。

なお、この3種類の損害賠償金の算定基準のうち、どの基準が採用されているのか、保険会社に提示された金額を素人が見ただけではありません。保険会社は営利企業であり、少しでも出て行くお金を安くしようとしているため、被害者サイドは知らぬ間に損をしているということが少なくありません。よって自分だけ、保険会社の担当者による示談交渉だけでなく、法律の専門家に相談し、弁護士基準での損害賠償金獲得を目指したほうがいいです。

当サイトでは損害賠償金支払いまでの流れや、相談することが可能な専門家に関する情報を提供しています。交通事故の被害者になったときのため、ぜひご一読ください。